ATtiny26,ATmega8対応AVRwriter-秋月AVRライター用コントローラソフト


説明

ダウンロード


imageVersion1.0.5リリース

Version1.0以降ではATtiny26に対応したわけですが、ATmega8に対応してほしいとの要望があり、対応いたしました。もともとファームはATtiny26だけでなくmega系などにも対応できるようになっていましたので、PC側の制御ソフトの変更で対応できました。

ついでにいくつかの機能アップを行いました。

インストールについて

インストールは必要なファイルを好きなディレクトリにコピーするだけで完了です。必要なファイルは次のものです。

データファイル・ヘルプファイルはなくても逆アセンブルができなかったりヘルプが出ないだけで、本来の動作に支障はありません。

なお、ATmega8対応にあたっては“みさきち”さんのご協力をいただきました。ありがとうございました。


秋月電子のライタはATtiny26に対応していません。しかしATtiny26は魅力的なチップでありぜひとも使いたいものです。そこで対応しました。ただし本ソフトだけではフラッシュ・EEPROMの読み書きしかできません。ボード上のファームを更新することでヒューズビットの変更などもできるようになります。ファーム更新についてはこちらをご覧ください

なお、ファーム更新によりATtiny26は旧ファームによって書き込むよりも書き込み速度がアップするといううれしい副作用があります。

image

ヒューズビットはターゲットがTiny26の時は上側の大きな枠の方が有効になり、個々のビット名称が表示されます。チェックマークのついたビットは“1”で非プログラム、チェックマークのないビットは“0”でプログラム状態となります。なお、ATtiny26ではSPIENはシリアルプログラムで変更できませんのでビットの操作も無効です。また、RSTDISBLは有効(“0”)にしてしまったら最後シリアルプログラムが不可能になってしまいますので、変更できないようにしてあります。

逆アセンブラ実行例

image

Ver.1.0.5 mega8対応版

Ver.1.0.3 ヘルプ機能追加

Ver.1.0.2 リリース(2004.2.4)

Ver0.7.0 最初のリリース


Download
Size = 174kB